三人打ちフリー雀荘メンバーのぼやき①

三人打ちフリー雀荘メンバーのぼやき①

 ふだんからフリー雀荘に足しげく通っている皆様を見ると、僕は時々思うことがある。

 一半荘あたり300円だの、500円だのバカ高いゲーム代を払うくらいなら、
 セットをすればいいのに。

 もちろん、セットを打てるような友人が近くにいない、とか、時間が合わない、
 とかもろもろの理由はあるだろうし、
 フリー業務をする店側も、フリーで知り合った客同士でセットを打つことは禁止としていることが多いから、
 致し方ないこともあるかもしれない。

 「こっちはその馬鹿高いゲーム代を払ってるんだ。むしろ、店は俺たちにもっと感謝するべきだ」

 という声の上がることは百も承知。当然、感謝はしている。

 しかし、フリー業務というのは、一概に収益率が高いとはいいがたいということを、
 ぜひともみなさまに知っていただきたい。

 フリーのゲーム代というのは、0.5なら一回当たり1000円、1.0なら1500円くらい。
 それが一時間あたり三半荘くらい行われるのだから、
 「売上」という項目だけを見れば高い。
 丸で回ってくれているのなら、文句のつけようのない高収益事業だ。

 けれどメンバーをひとり入れてみるとどうだろうか。
 一半荘あたりの売上は1000円、1500円と変わらないが、
 メンバーの負担するゲーム代というのは、
 キャッシュではないから、実際の利益は小さくなる。

 メンバーをふたりと客ひとりで卓が立てば、もっと小さい。
 むしろ、メンバーふたりで立てている卓など、
 その間もメンバーの時給を払い続けていることを考えれば、マイナスでしかない。

 さらに、その本走しているメンバーが負けてしまった場合、いよいよ煩わしい。

 メンバーの負け額は、メンバーの給料から引かれるのだからいいじゃないか。

 なんて!

 いい訳あるか。その現金はどこから出ているのかといえば、店の財布から出ていくのだ。
 事業主の本音を言えば、メンバーにはなるべく麻雀に勝ってもらう方がいい。
 メンバーの成績がプラスの時ではじめて、店側は売上通りの利益を上げることができる。

 しかも、アウトで打っている客のリスクもある。
 そもそもアウトなんか出す方が悪いという考えもあるが、
 アウトを出さなきゃ卓が立たない時もあるのが、個人営業の雀荘の実情だ。

 アウト打ちしている客が負ければ、
 当然その現金負担は、いったん店がかぶる。
 いずれは帰ってくるお金とはいえ、心苦しいのは確かだ。

 ところで、客が付けたアウトに対して、店側は利息などを請求しないのが通常だ。

 そう考えれば、雀荘とはなんと心優しい金貸し屋さんだろうか!

 とまぁ、このように、雀荘がフリー業務を行う上では、様々なコストやリスクが生じている。
 だからといって、フリー雀荘に来るな、フリーを打つな、という訳ではない。
 強いていうなら、このぼやきを通じて、
 メンバーにすこしでも優しくなってほしい、というくらいのものだ。

お問い合わせフォーム

華土ノ本寄稿者

投稿者プロフィール

 このサイトにて、主に「弱小メンバーのガチンコフリー雀荘道中記」を執筆させていただいております。
 趣味は読書と麻雀。
 仕事は、とある片田舎の三人打ち雀荘メンバー。勤めて三年になります。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

オススメ記事

  1. 三人打ち麻雀って??? 「麻雀って、興味はあるけど難しそう……」 「役と点数計算とか、覚える…
  2. 第五回鳳凰杯  2015年に開催された第五回鳳凰杯の動画リンク集です。  参加店舗はページ末…
  3. 三人打ち麻雀動画リンク集  当ページでは、過去に行われた麻雀大会の動画を紹介しています。 …
  4. 三人打ち麻雀 何切る問題 第①問(実践譜)  + 華牌2枚  出店:編者の実践譜  局…
  5. 三人打ち麻雀、こんな時どうする? ■問1  東一局 西家 35000点  東家:3500…
ページ上部へ戻る