第一話「あかねのメンバー奮闘記、はじまります」

「第一話 あかねのメンバー奮闘記、はじまります」

 今日から、憧れの雀荘で働けるんだ!

 中井あかねは、その胸にはちきれんばかりの期待と、わずかばかりの不安とを抱えて、
 雀荘「ゴールデンタイム」の入ったテナントビル前で、立ち尽くしていた。

 ゴールデンタイムは、立川ビル4階テナントに居を構える、
 総卓数十を超えない個人経営の小さな雀荘である。

 貸卓はもちろんのこと、四人打ちフリー、三人打ちフリーの両方に対応しており、レートは0.5のみ。
 ここ十数年でバタバタと小さな雀荘が潰れていく中で、創業十五年目にして、客足の絶えない雀荘である。

 ひとつ、大きく深呼吸をしてから、エレベーターのボタンを押す。
 エレベーターに乗り込み、次に扉が開いた瞬間には、目の前は憧れの雀荘なのだ!

 ゴンドラの上昇とともに、高鳴る胸の鼓動。
 入ったら、まずは元気よく、おはようございます、と言おう。
 何事も、第一印象が大事。

「おはようございます!」

 果たして、あかねは、肺いっぱいに吸い込んだ空気を、すべて吐き出した。

 まだ昼過ぎということもあって、客の数はまばらで、稼働している卓は三、四卓ほど。
 けれど、その誰もが、いっせいに入口へ視線を向けた。

「あ、あの、えっと、おはよう、ございます……」

 とたんに恥ずかしくなった。

「いやぁ、いいアイサツだったよ、あかねちゃん」
「オーナー! おはようございます」

 初日で思い切りハズしてしまったかと焦るあかねだったが、
 筒井が人懐こそうに笑いながら近づいてきてくれたおかげで、ひと心地つく。

「オーナーっていうのは堅苦しいよ。筒井さんでいいから」
「はい。筒井さん!」
「うん、元気いいね。それじゃまずは簡単に業務の説明するから、カウンターの中入って」

 筒井の案内に従ってフロアを歩きながら、あかねは目を輝かせる。

 右を見ても、左を見ても、麻雀、麻雀、麻雀!
 唇をかみしめ、いかにも叫び出してしまいそうな喜びをなんとか堪える。
 これからは、大好きな麻雀に囲まれて、仕事ができるのだから!

「ふふん。あかねちゃん、よっぽど麻雀が好きなんだね」
「へ、あ。すいません、きょろきょろしてました?」
「いいや。目がね、キラキラしてるから。期待してるよ」
「が、頑張ります!」

 ふんすと鼻息荒く意気込むあかねに、さしもの筒井も苦笑しながら、手際よく書類を差し出し、

「それじゃ、一応書類書いてもらうね。業務内容のところは『受付業務』で構わないから。それから、前にも説明した通り時給は――」

 ボールペンを走らせながら、あかねはもはや心ここにあらずの境地だった。
 頭の中は、もうこれからのことでいっぱいで、筒井の説明も話半分。

 あかねの、メンバー奮闘記、はじまります。


次へ

 

お問い合わせフォーム

華土ノ本寄稿者

投稿者プロフィール

 このサイトにて、主に「弱小メンバーのガチンコフリー雀荘道中記」を執筆させていただいております。
 趣味は読書と麻雀。
 仕事は、とある片田舎の三人打ち雀荘メンバー。勤めて三年になります。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

オススメ記事

  1. 三人打ち麻雀って??? 「麻雀って、興味はあるけど難しそう……」 「役と点数計算とか、覚える…
  2. 第五回鳳凰杯  2015年に開催された第五回鳳凰杯の動画リンク集です。  参加店舗はページ末…
  3. 三人打ち麻雀動画リンク集  当ページでは、過去に行われた麻雀大会の動画を紹介しています。 …
  4. 三人打ち麻雀 何切る問題 第①問(実践譜)  + 華牌2枚  出店:編者の実践譜  局…
  5. 三人打ち麻雀、こんな時どうする? ■問1  東一局 西家 35000点  東家:3500…
ページ上部へ戻る