三人打ち麻雀、こんな時どうする? 「第六問 南二局 西家:47000点持ち」

三人打ち麻雀、こんな時どうする?

■問6

 南二局 西家:47000点

 東家:40000点 南家:18000点

 場況:東家が先制リーチで華を2枚抜いている
    南家が役牌を仕掛け、華を1枚抜いている。さらに、東家の筋を押している。
    自分の手牌は愚形2シャンテン→将来的には、役ナシ好形聴牌、跳満程度が望めそう。

  1. 全ツッパ
  2. 筋は押して、無筋が来たらベタオリ
  3. ベタオリ

 全ツッパ⇒40点

 自分の手牌の進行具合が悪く、
 おまけに親は華を2枚抜いていて、いかにも高打点そう。
 ここで親に跳満放銃してしまった場合、
 現在7000点有利の状況から、29000点不利に転げ落ちる。

 すなわち、残り二局で29000点を追いかける形になり、非常に苦しい。
 南二局一本場は必ず和了らねば(それも、できるなら満貫以上で)ならなくなる。

 そしてオーラスで、満貫、もしくは跳満をツモってようやくトップを獲ることができる。
 三人打において、二局連続で和了るというのは簡単なようで難しい。

 ここで全ツッパして親に打ち込むリスクは回避するべきだろう。

 筋は押して、無筋が来たらベタオリ⇒20点

 中途半端に押すくらいなら、まだ全ツッパの方がよい。

 ベタオリ⇒50点

 ここで親に放銃すると苦しい展開が待っているのは、最初の項でも述べた通りだが、
 一方ツモ和了りされた時はどうだろうか。

 例えば、満貫ツモなら、11000点差の不利。
 跳満ツモなら、20000点の不利。

 20000点のビハインドはかなりキツい展開だが、
 11000点なら、残り二局の内、一度和了るだけでまくることができる。

 しかし、親が華を抜いている以上、跳満は十分にあり得るので、
 この場面でのベタオリも、苦しい展開を覚悟しなければならない。

 ならば、この局面での最善手はなんだろうか。

 南家に放銃⇒70点

 聡い皆様なら、この場面では中抜きをしてでも
 南家に抜き打つのが最も良いとお気づきだったろうが、
 あえて意地悪をして、選択肢から隠させてもらった。

 南家は役牌をしかけていて、親のリーチに筋といえど押しており、
 現在聴牌している可能性は低くない。

 そして、打点も満貫から跳満と想定できるし、
 仮に倍満あったとしても、なんとかセーフティだ。

 ここで親に打ち込む、もしくはツモ和了りされるリスクを取るよりは、
 局を流してしまって、オーラスで再勝負に持ち込むのが、賢い判断だろう。

お問い合わせフォーム

関連記事

アーカイブ

オススメ記事

  1. 三人打ち麻雀って??? 「麻雀って、興味はあるけど難しそう……」 「役と点数計算とか、覚える…
  2. 第五回鳳凰杯  2015年に開催された第五回鳳凰杯の動画リンク集です。  参加店舗はページ末…
  3. 三人打ち麻雀動画リンク集  当ページでは、過去に行われた麻雀大会の動画を紹介しています。 …
  4. 三人打ち麻雀 何切る問題 第①問(実践譜)  + 華牌2枚  出店:編者の実践譜  局…
  5. 三人打ち麻雀、こんな時どうする? ■問1  東一局 西家 35000点  東家:3500…
ページ上部へ戻る