三人打ちフリー雀荘メンバーのぼやき③

三人打ちフリー雀荘メンバーのぼやき③

 20000――これはなにを表す数字だろうか。

 これは、とある月の僕の給料である。

 高校生のアルバイトかな? と思った方もいるだろう。
 夕方の6時~9時までのシフトで、週2日ペースなら、だいたいこんなところだろう。
 850円×3h×8日=20400。まぁ、妥当なところである。

 ではひとつ、その月の僕のシフト日数をご覧いただこう。

 週5日の出勤である。すなわち、

 X×Y×20=20000
 ここにおけるX時給Y平均労働時間である。

 ここで、僕の平均労働時間を紹介しておく。
 日によってまちまちだが、だいたい10時間程度であろうか。
 それじゃ、Yに10を代入。すると、

 X×10×20=20000

 さて、Xはいくらか。中学生にもできる簡単な方程式である。

 答えは
 

 X=100

 僕の時給は100円であった。

 そんな訳あるか!
 どの都道府県においても、最低賃金は650円を上回っている! 
 お説ごもっとも。が、悲しいけれど、これが現実なのよね。

 週5出勤で、平均10時間働いて、月の給料が20000円。
 悲しすぎて、もはや涙も出てこない。
 20000円なんて、携帯代を支払って、1日2食食べるだけで足が出る。
 馬鹿にするのもたいがいにしろ。

 もう一度いうが、これが現実なのよね。

メンバーの給料と雀力

 メンバーとは、かくもクソ低賃金で労働させられる月も、なきにしもあらずだ。
 むろん、毎月毎月、このようなことになる訳ではなく、
 やはり麻雀の収支次第といったところ。

 月手取りで30万という月もなくはないが、そんなものはごくまれで、
 ほとんどの月において、メンバーというのは月間の麻雀収支はマイナスだ。
 そのマイナスをいかに抑えるか、
 がメンバーの腕の見せ所といっても過言ではない。

 というのも、これにはやむにやまれぬ事情がある。
 そのメンバーの麻雀の腕がへたっぴだとか上手だとか、
 そういう話よりも、ひとつ上の次元で。

 まず大前提として、メンバーは、フリーでお客様が不足していたら、
 必ずひとりのプレイヤーとして参加しなければならない。
 そこに意思の介在する余地はなく、泣こうが喚こうが、入らねばならない。
 例えば、その日は体調が優れず、集中力を発揮できないような状態でも、
 麻雀を打たなければならないし、
 そういう日は往々にして、ケアレスミスなどが頻発して、ロクな結果にならない。

 反対に、いくら麻雀を打ちたかろうが、場合によっては打てない時もある。
 フリー客がひとりもおらず、卓が立たないような状況か、
 もしくはメンバーが入らなくても、卓が成立するような状況
 (=この状態を「まる」で回っているという)。

 だから、本走序盤は調子が悪く、後半で復調の兆しが見えてきたとしても、
 そこで客にやめると言われてしまえば、もうどうしようもない。

 これがひとつ目の理由。

メンバーの給料とゲーム代

 そしてもうひとつ。それは、メンバーもまたゲーム代を徴収されてしまうということだ。

 三人打ちフリー雀荘のメンバーの平均本走半荘数は、
 だいたい200~300本400本となれば、かなり打つ方だろう。
 この打った(あるいは、打たされた?)半荘のゲーム代も、もちろんそのメンバーの懐から出る。
 大阪市内の0.5レートの雀荘のゲーム代は、大体1000円なので、3半荘で3000円――
 つまり、3半荘でひとりあたり1000円の負担となる。
 仮に300本打てば、それだけで100000円を給料から捻出しているのだ。

 給料が20万円あったとしても、その半分はゲーム代へと消えていく。
 麻雀の勝ち負け以前の問題である。
 三人打ちは、だいたい一時間に3半荘くらいは消化するから、
 本走中は、時速マイナス1000円でメンバーの給料が減っていく。

 ん、ちょっと待てよ。

 もしもこのメンバーの給料が時給1000円としよう。
 そうした場合、このメンバーが本走している最中に発生している給料は、差し引きいくらになるだろうか。
 1000円1000円=0円/時。
 そう、麻雀を打っている間は、実質給料が発生していないようなものなのだ。

 ところで、最近の雀荘業界では、ゲームバックという救済措置がある。
 これは、打った半荘数に応じて手当が付くというもので、
 多くはハーフバック……3半荘あたり500円返ってくる。
 フルバックというのも、一部の店舗ではあるが、
 まぁ、ほとんど一部と言っていいだろう。

 このゲームバック手当の部分は、求人広告に掲載されていることはないので、
 もしもこれからメンバーをしてみたいという人は、
 ぜひとも一度尋ねてみるのがいいだろう。
 そもそも、ゲームバックというものがない店すら、いまだに存在する。

 とはいえ、それでもようやく時給500円になる程度。
 ふつうにコンビニバイトした方が、よほど割は良い。
 しかも、負けて給料が減るリスクもないのだから。

お問い合わせフォーム

華土ノ本寄稿者

投稿者プロフィール

 このサイトにて、主に「弱小メンバーのガチンコフリー雀荘道中記」を執筆させていただいております。
 趣味は読書と麻雀。
 仕事は、とある片田舎の三人打ち雀荘メンバー。勤めて三年になります。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

オススメ記事

  1. 三人打ち麻雀って??? 「麻雀って、興味はあるけど難しそう……」 「役と点数計算とか、覚える…
  2. 第五回鳳凰杯  2015年に開催された第五回鳳凰杯の動画リンク集です。  参加店舗はページ末…
  3. 三人打ち麻雀動画リンク集  当ページでは、過去に行われた麻雀大会の動画を紹介しています。 …
  4. 三人打ち麻雀 何切る問題 第①問(実践譜)  + 華牌2枚  出店:編者の実践譜  局…
  5. 三人打ち麻雀、こんな時どうする? ■問1  東一局 西家 35000点  東家:3500…
ページ上部へ戻る