完全先付けと後付けの話

完全先付けと後付け

 麻雀を遊ぶ上で、細かなルールの違いというのは、店舗ごとに、あるいはセットごとに存在する。
 点数計算ひとつとっても、4翻30符を、7700とするか、8000とするかで異なることもあるし、
 赤の枚数やツモと平和の複合の有無、喰いタンは可か不可かという違いもある。

 特に、関西ルールを源流としている大阪式三人麻雀は、現在主流の関東ルールとは異なるところが多い。

 今回は、その中でも、完全先付との話をしていきたいと思う。

後付けとは?

 大阪式三人麻雀の代表的なルールといえば、「全赤抜きドラ 完先喰いタンナシ」というものだろう。
 まるで呪文のような言葉の並びだが、ひとつずつ取り出していけば、
 五筒・五索がすべて赤ドラで、北もしくは華を抜きドラとして採用し、
 そして「完全先付」で喰いタンなし、という訳だ。

 その内、前者ふたつはわかりやすい。要するにドラがたくさんあるということだ。
 そして、喰いタンなしも難しい話ではなく、ただ単に喰いタンを役として認めていないということ。

 では、「完全先付」とはいったいなんなのか。

 この先付というものを説明する前に、まず後付について説明しよう。

 例えば、

 例1)

 という手牌があったとして、

 他家の切ったをポンして、しかる後にを鳴いた時、

 この時の牌姿は、

   となり、

 手役は「役牌(白)」になるのだが、一度目の鳴きの①ポンではまだ役が確定していない。

 後から鳴いた、白の明刻で役が確定した訳だから、「後付」という。※1

 また、

 例2) 

 という形で、白で出和了ることもまた同様だ。
 ポンの時点では、まだ役が確定していない。

 ほかにも、

 例3)

 という聴牌形があったとして、

 この時、で出和了することもまた、「後付」という。
 手牌の形だけでは、まだ和了役が確定していないために、そう呼ばれる。

 いわゆる「片アガリ」というものだ。
 注:ツモ和了した時は、門前清自摸和という役が確定しているので、「後付」にはならない。

 どちらも、現在主流の四人麻雀においては、一般的に許可されているルールで、
 むしろこれを利用して、一見喰いタン仕掛けのようだが、役牌の後付で和了を狙う、などの戦術も存在している。

完全先付けとは?

 さてでは、後付の説明を終えたところで、いざ、先付とはなんぞや。

 上述の説明に従って、「先に役を確定させてなければならない」ということだ。

 すなわち、

 例4)

 という形から、先に白を仕掛けて、4-7で和了るのは、「先付」だ。

 ちなみに、

 例5)(※西はオタ風)

 の形から、をポンして、、もしくはで和了るのはどうか。

 これも「先付」だ。当たり前ではあるが、混一色の手役がをポンした時点で確定している。

 では、次の例はどうか。

 例6) 

 の形から、で出和了りしたとする。

 一見、なんの問題もないように思える。

 が、真実は、和了の時点では、まだ一気通貫は確定していないのだ。
 なぜなら、出和了で完成させた面子は、「後から確定させた面子」という扱いになるのだ。
 これを、「中付」と言って、二副露目で役を完成させた場合にこのような裁定が生じる。

 ツモ和了りした場合もまた同様で、「後付」の裁定が下される。

 
 要約すると、「完全先付」ルールとは、一副露目の時点で、すでに手役の中で完全に役が完成しきっていなければならない、という非常に厳しいルールなのだ。
 そのため、

 例7)

 というような面前聴牌で、を出和了したとする。

 現行主流のルールでは、平和ジュンチャンの複合が認められるが、
 完全先付ルール下では、この時点ではジュンチャンは確定していないので、平和のみが手役として認められるという訳だ。

まとめ

 と、まぁ、「完全先付」の裁定について、いろいろこまごまと説明したが、
 実際、これほどまでに厳密にルールを遵守しているところなど、ほとんど存在しないといってもいい。

 例えば、完全先付喰いタンナシルールを掲げている、大阪の三人打ちフリー雀荘などでも、
 例6のような中付一気通貫を認めているところもある。
 後付でさえなければよい、というようなアバウトなところさえある。

 そもそも、この完全先付ルールというもの自体が、時代遅れめいているところはなきにしもあらずで、
 麻雀というものがメディアを通じて、エンターテイメントのひとつとして世間の日の目をみているこのご時世、
 ゲームスピードを落とすような裁定は、敬遠されがちなのだろう。

 さらに、フリー雀荘経営者の観点から見ても、売上効率を落とすことから、このルールはやはり敵視されるだろう。

 もはや化石と化した完全先付ルールではあるが、やってみれば、これはこれで面白い。
 筆者も一度友人たちとセットで試してみたが、ふだんと勝手が違って、てんやわんやした。
 いつもと違うルールで麻雀をすることで、新たな魅力に気づくことができるかもしれない。

 とはいえ、ほとんど配牌勝負になることも否めないのだが……。
 

お問い合わせフォーム

関連記事

アーカイブ

オススメ記事

  1. 三人打ち麻雀って??? 「麻雀って、興味はあるけど難しそう……」 「役と点数計算とか、覚える…
  2. 第五回鳳凰杯  2015年に開催された第五回鳳凰杯の動画リンク集です。  参加店舗はページ末…
  3. 三人打ち麻雀動画リンク集  当ページでは、過去に行われた麻雀大会の動画を紹介しています。 …
  4. 三人打ち麻雀 何切る問題 第①問(実践譜)  + 華牌2枚  出店:編者の実践譜  局…
  5. 三人打ち麻雀、こんな時どうする? ■問1  東一局 西家 35000点  東家:3500…
ページ上部へ戻る