三人打麻雀とメンバー戦術③

雀荘メンバーの三人打ち戦術③

 メンバー――すなわち雀荘の従業員の仕事は、「麻雀を打つこと」ではなく、
 いかに「卓を回し続けるか」である、とは、以前にも述べた通りだが、
 雀荘のメンバーというのも、結局はただの接客・サービス業の店員だということも忘れてはならない。

 あくまで本走というのは、どうしても卓が立てられない時の応急処置であり、
 卓がまるで回るに越したことはないし、本来的にはフリー客やセット客のお世話に従事するべきなのだ。

 とはいっても、どうしても麻雀を打たねばならない時も、やはり存在する。
 が、そんな場合も、諦めの境地で本走に入る訳ではなく、
 麻雀の片手間に、誰かほかのお客様を店に呼ぶ手配を心掛けるべきだ。

 前回の記事では、本走で強くなるためには「客から甘く見られてはいけない」と書いたが、
 今回は、その方法について管見の限りで述べていこうと思う。

7.客の意見には「YES」で答えよう

 みなさんは、「イエスマン」という映画をご存じだろうか。
 これは、今まではあらゆる事柄に対して「ノー」で応えて来たある男が、
 どんな時でも「イエス」と答える、というルールを自分に課したことによって巻き起こるコメディ映画なのだが、
 
 まぁ、そんなこととは関係なく、人間だれしも、やはり自分の意見を肯定してもらえれば嬉しいものだ。
 そして、そのイエスマンには好印象を抱きがちだろう。

 例えば、雀荘で立ち番をしている時にはよくある一場面だが、

 あなたは、勤務中立ち番で、とある男性の後ろ見をしていた。
 その店では後ろ見は禁止ではなく、客同士でも後ろ見をしあって、あれこれ議論することもある。

 その男性はお世辞にも麻雀が上手いと言える訳ではなく、
 特に局中盤以降で、手牌を目いっぱいに広げがちで、そのせいで放銃率が高かった。

 その一局も同様で、あなたが打っていれば、先に処理していたような牌を聴牌まで引っ張って、
 追っかけリーチ宣言時に、先制リーチ者に放銃し、ハコ割れしてしまった。

 そして、あなたが後ろ見していることに気が付いていたため、くるりを振り返って、
 「あれで放銃したら、仕方ないよな」と、悔しそうに言った。

 
 こんな時、あなたが掛けるべき言葉は、なにがふさわしいだろうか。

 あなたの視点、思考からすれば、仕方ない放銃、という訳ではけしてない。
 だから、「あそこで〇〇を先切りしておけば~」と正論をぶつけるべきか、
 あるいは、「いえいえまったくおっしゃる通りです」とイエスマンになりきるか。

 答えは、後者である。仮に明らかな牌効率のミスがあったとしても、せめて曖昧な笑顔を浮かべて頷いておくのだ。

 反対に、どう見たって仕方のない和了り逃しをしている人が、いつまでもそのことについて悔しがっている場合なんかは、
 そっと「仕方ないですよ」と寄り添ってあげれば、ぐっと客からの心象はよくなるだろう。

 要するに、客の機嫌を損ねない言動を心掛けるべきなのだ。
 仮にあなたの言葉が、反対のしようのない正論だったとしても、
 やはり自分の意見や考えを否定された相手は、良い気持ちにはならないだろう。

8.親番では絶対にリーチ!

 さて、まずは以下の手牌を見てもらおう。

   ドラ:

 こんな手牌で1向聴しているところに、他家から1枚目のが切られた。

 これを鳴くか鳴かないか、の判断だ。鳴けば、役牌ドラ1:4000点の聴牌だ。
 もちろん、点棒状況や場況などの様々な要素を考慮して判断するべきだが、
 あらゆる状況で、この役牌を仕掛けているようでは、他家に恐れられるプレイヤーにはなれないだろう。

 やはり三人打ちにおいて、最も怖いのは親のリーチだ。
 それをいかに聴牌だからといって、早々に捨て去るのはもったいない。

 では続いて、以下のような場面はどうだろうか。

   ドラ:

 というような手牌で10巡目、子から先制リーチが入っている局面で、が河に放たれた。
 これを鳴くかどうかの判断。鳴けば、役牌ドラドラ:6000点の聴牌だ。

 これもやはりスルー推奨だ。受け入れ枚数はかなり多く、
 もしもが入れば、の3面張でリーチをかけることができる。

 仮にそれまでに通っていない中張牌などを引いてきたとしても、知らん顔してツモ切りだ。
 相手の待ちなど推測する必要もない。

 もしかすると、相手は愚形カンチャンでリーチをかけているかもしれない。
 そうだった場合、親に全ツッパされるのは、ただただ恐怖でしかない。

 それで、「こいつが親で和了る時は打点が高いからなぁ」とでも思ってもらえれば、しめたものだ。
 あなたの親番の時に、軽々に仕掛けてくるようなプレイングはしてこないだろう。

9.挨拶は欠かさずに!

 毎日のように顔を見せてくれるお客さん、あるいは、一か月に一度くらい足を運ぶお客さん、
 もしくは、半年に一回必ずやってくるお客さん……雀荘の客にも、様々な人たちがいる。

 彼らが店に麻雀を打ちに来てくれた時には、待機時間の間になるべく話しかけよう。

 話の内容はなんでもいい。仕事の話、麻雀の話、あるいは趣味の話……。
 ごく短時間でも構わないので、とにかく、店に来てくれた時には、必ず会話をしよう。

 そのお客さんがすぐに麻雀に入ることになっても、局と局の合間に、少しでも話しかけるのだ。

 一方で、自分が本走中に他のお客様に話しかけるのは控えた方がいい。
 やはり本走中は麻雀に集中するべきで、仮に同卓者が話しかけてきても、応対のみで済ますのが無難だろう。


 最後に、もう一度言うが、雀荘のメンバーといえど、本質的には、接客業に違いない。
 そこのところが、意外と抜けているメンバーも少なくない。

 お客様の上機嫌のために、手を抜いたり、見逃したりした方がいい、と言っている訳ではけしてない。
 麻雀「以外」の部分で嫌われてしまうのは、もったいない、という訳だ。

 

お問い合わせフォーム

関連記事

アーカイブ

オススメ記事

  1. 三人打ち麻雀って??? 「麻雀って、興味はあるけど難しそう……」 「役と点数計算とか、覚える…
  2. 第五回鳳凰杯  2015年に開催された第五回鳳凰杯の動画リンク集です。  参加店舗はページ末…
  3. 三人打ち麻雀動画リンク集  当ページでは、過去に行われた麻雀大会の動画を紹介しています。 …
  4. 三人打ち麻雀 何切る問題 第①問(実践譜)  + 華牌2枚  出店:編者の実践譜  局…
  5. 三人打ち麻雀、こんな時どうする? ■問1  東一局 西家 35000点  東家:3500…
ページ上部へ戻る